2018年10月22日

《活動報告》第56回日本癌治療学会学術集会に参加しました。

2018年10月18日(木)~20日(土)、パシフィコ横浜で開催された第56回日本癌治療学会学術集会に古谷共同代表とJ-TAG会員の池内の2名が参加しました。

この学術集会は、研究者や医療者の参加だけでなく、がん患者・支援者が参加するPAL(Patient Advocate Leadership)というプログラムがあります。このプログラムを通じ全国から集まったがん患者会や支援団体の方々とともに、医療に関することをはじめ、がん教育や就労、患者団体や支援活動など、様々なシンポジウムやセミナーへ参加し、患者会や支援団体によるポスター発表の見学をしました。

今回は古谷共同代表が登壇し、J-TAGの紹介や今までのピアサポートで参加された皆様から聴かせていただいた生の声をはじめ、様々な提起を講演しました。

11月9日(金)に開催予定の第77回精巣腫瘍ピアサポート京都において、古谷共同代表より講演の報告はじめ、学会で学びアップデートした内容も報告させていただく予定です。

皆様の参加をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です