2019年10月28日

《活動報告》第57回日本癌治療学会学術集会に参加しました。

2019年10月24日(木)~26日(土)、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡で開催された第57回日本癌治療学会学術集会に、古谷共同代表と会員の池内2名が参加しました。

 この学術集会は、研究者や医療者の参加だけでなく、がん患者・支援者が参加するPAL(Patient Advocate Leadership)というプログラムがあります。

 このプログラムを通じ、全国から集まったがん患者会や支援団体の方々とともに、医療、がん教育や就労、患者団体や支援活動など、様々な口演やセミナーへ参加し、患者会や支援団体によるポスター発表の見学をしました。

 今回の学会は、以前に比べAYA世代(Adolescents and Young Adults 思春期・若年成人)のがんに関連する発表が増えていたのが印象的でした。治療の現状だけでなく、妊孕性や性機能など、AYA世代がん患者にとって重要な問題に対する口演もありました。

 精巣腫瘍もAYA世代の罹患が多いがんです。J-TAGはこれからもピアサポートをはじめ、様々な活動に取り組んでいく所存です。


 第57回日本癌治療学会学術集会
 http://congress.jsco.or.jp/jsco2019/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です