2016年1月5日

《お知らせ》筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポート筑波を開催します

tsukuba

筑波大学附属病院で行われる第12回精巣腫瘍ピアサポート筑波のお知らせです。

▲場所:筑波大学附属病院 けやき棟 1階けやきプラザ
注1)第8回より開催場所が変更になっております
注2)災害の為、交通機関が復旧できていない可能性があります。当日の公共機関をご確認の上参加してください。

▲日時:1月8日(金曜日)
▲時間:13時~16時
▲対象者:精巣腫瘍患者・家族(院外患者受け入れ可能)
▲参加費:無料

連絡先:J-TAGホームページ
または
筑波大学病院 腎泌尿器科外来
筑波大学病院 総合がん診療センター内 がん相談支援センター

当日は池内さんがファシリテーターとして参加予定です。

どなたでも無料で参加できます。
予約は不要です。都合の良い時間帯にお越しください。
相談がない方でも気楽に見学しにお越しください。
J-TAG会員以外の方でも参加可能です。
(精巣腫瘍ピアサポートですが、性腺以外の原発「性腺外胚細胞など」の方でもお越しください)

コメントをどうぞ
2015年12月13日

《お知らせ》ガイドラインについて

ご存知かもしれませんがキャンサーチャンネルより、
2015年8月8日(土)に行われた「AKIBA Cancer Forum 2015」での
京都府立医科大学附属病院の中村先生の講演
「進行性精巣腫瘍の治療」~ガイドラインって正しいの?~
が見れるようになっています。

最近ピアサポートでも初回のBEP療法を3週間ではなく、4週間で回していると患者さんからよく聞きます。患者さんの状態によって遅延せざるを得ない理由があると思いますが、4週間で回している理由を主治医に聞き、納得のいく説明がなければ中村先生の言われるセカンドオピニオンや転院も考えてみてもよいと思います。
投与間隔は、1クール目が始まる前に知らせてもらえますのでしっかり確認してほしいです。

ガイドラインでもう一つ。
過去にもブログでお伝えしましたが、制吐剤ガイドラインというのもあります。
ピアサポートを初めた当時のは、みなさん抗がん剤で吐いてばかりでしたが、このガイドラインのおかげで、抗がん剤で吐く患者が少なくなりご飯も食べられようになっています。
精巣腫瘍で使われる抗がん剤はほぼ高度リスクです。
高度催吐性リスクの抗がん薬に対する制吐療法としてガイドラインがあります。
もしこの制吐療法が行われていなければ主治医に確認してください。

コメントをどうぞ
2015年12月6日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

12月11日(金)に行います第47回精巣腫瘍ピアサポート京都のお知らせです。
いつも多くの方に参加していただきありがとうございます。
本年最後のピアサポートです。ぜひお越しください。furituidai

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。
年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんも参加予定です。

どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。
話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。

場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:12月11(金)13時~17時頃
場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料
予約:不要
なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、
個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

 

2件のフィードバック
2015年11月30日

《お知らせ》筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポート筑波を開催します

tsukuba

筑波大学附属病院で行われる第11回精巣腫瘍ピアサポート筑波のお知らせです。

▲場所:筑波大学附属病院 けやき棟 1階けやきプラザ
注1)第8回より開催場所が変更になっております
注2)災害の為、交通機関が復旧できていない可能性があります。当日の公共機関をご確認の上参加してください。

▲日時:12月4日(金曜日)
▲時間:13時~16時
▲対象者:精巣腫瘍患者・家族(院外患者受け入れ可能)
▲参加費:無料

連絡先:J-TAGホームページ
または
筑波大学病院 腎泌尿器科外来
筑波大学病院 総合がん診療センター内 がん相談支援センター

当日は池内さんがファシリテーターとして参加予定です。

どなたでも無料で参加できます。
予約は不要です。都合の良い時間帯にお越しください。
相談がない方でも気楽に見学しにお越しください。
J-TAG会員以外の方でも参加可能です。
(精巣腫瘍ピアサポートですが、性腺以外の原発「性腺外胚細胞など」の方でもお越しください)

コメントをどうぞ
2015年11月8日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

11月13日(金)に行います第46回精巣腫瘍ピアサポート京都のお知らせです。
いつも多くの方に参加していただきありがとうございます。11月も予定通り行います。

furituidai

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。
年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんも参加予定です。

どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。
話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。

場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:11月13(金)13時~17時頃
場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料
予約:不要
なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、
個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

 

コメントをどうぞ