2015年4月28日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

5月8日(金)に行います第40回精巣腫瘍ピアサポート京都のお知らせです。

furituidai

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。
またJ-TAGメルマガでおなじみの年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもご参加頂く予定です。
化学療法による手の痺れがある患者さんに好評の中司さんによるハンドマッサージもしていただく予定です。

どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。
場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:5月8日(金)13時~17時頃
場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料
予約:不要
なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、
個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

 

コメントをどうぞ
2015年4月25日

《お知らせ》筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポート筑波を開催します

tsukuba
筑波大学附属病院で行われる第4回精巣腫瘍ピアサポート筑波のお知らせです。

▲場所:筑波大学附属病院 外来棟1階 A102外来
▲日時:5月1日(金曜日)
▲時間:13時~16時
▲対象者:精巣腫瘍患者・家族(院外患者受け入れ可能)
▲参加費:無料

連絡先:J-TAGホームページ
または
筑波大学病院 腎泌尿器科外来
筑波大学病院 総合がん診療センター内 がん相談支援センター

当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。

どなたでも無料で参加できます。
予約は不要です。都合の良い時間帯にお越しください。
相談がない方でも気楽に見学しにお越しください。
J-TAG会員以外の方でも参加可能です。
(精巣腫瘍ピアサポートですが、性腺以外の原発「性腺外胚細胞など」の方でもお越しください)

コメントをどうぞ
2015年4月13日

《報告》精巣腫瘍ピアサポート京都が開催されました

4月10日に第39回精巣腫瘍ピアサポートが開催されました。

今回は13名の参加がありました。
ピアサポートには患者さんではなくそのご家族が参加されることも多くあります。
今回はご家族が多く参加されたピアサポートでした。
ピアサポートに参加されたご家族はとても熱心に情報収集されていきます。情報が少ない精巣腫瘍です。ピアサポートにはさまざまな体験をしてきた生の声があります。
ピアサポートに参加されたことで1つでも情報を持って帰っていただけたら幸いです。

年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもお手伝いいただきました。
「伊藤さんは今日来られますか」とピアサポート始まる前に質問がありました。それほど伊藤さんはみなさんに認知されています。お金に関する話は、ほぼ伊藤さんにお願いしており非常に助かっております。
伊藤さんには二つ質問がありました。
・入院前に手続きをしておきたい高額療養費の限度額適用認定証
・急な入院で確認しておきたいことは何か

最後に残ったみなさんと記念撮影(撮影していただいたO様ありがとうございます)
014

ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。
次回は5月8日です。ご参加お待ちしております。

1件のフィードバック
2015年4月7日

《報告》精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました

4月3日に第三回精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました。
今回の参加者は9名でした。

同じ病気だからこそわかり合えることがあると思います。
今回はまさにそんなピアサポートでした。
入院中の事、化学療法の事、経過観察での事などいくつもの共通点があり、参加者皆さんが打ち解けるのはものすごく速かったです。
現在治療している仲間も、治療を終え経過観察中の仲間も、皆さんそれぞれが自分の体験を話してくれました。これはインターネットやメディアなどでは聞けることができない生の声です。生の声にはとても重みがあります。これは、ピアサポートに参加された患者やその家族の方すべての参加されたみなさんの声に重みががあるということです。
これからも生の声を届けて行きたいと思います。
ピアサポートには生の声があります。是非ピアサポートに参加してみませんか?
あなたの経験がきっと誰かの役に立つはずです。よろしくお願いいたします。

最後まで残ったメンバーで記念撮影(撮影のお手伝いありがとうございました)
079

ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。
次回は5月1日金曜日に行います。
ご参加お待ちしております。

コメントをどうぞ
2015年4月4日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

4月10日(金)に行います第39回精巣腫瘍ピアサポートのお知らせです。

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。
またJ-TAGメルマガでおなじみの年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもご参加頂く予定です。

どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。
場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:4月10日(金)13時~17時頃
場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料
予約:不要
なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、
個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

1件のフィードバック