2013年1月21日

≪報告≫第13回ピアサポートが開催されました

京都府立医科大学附属病院にて1月18日に今年初の精巣腫瘍ピアサポートを行いました。

精巣腫瘍ピアサポートも第1回開催から1年が経ちました。ピアサポートの場を提供していただいている京都府立医科大付属病院・三木教授・中村先生・D7病棟師長ありがとうございます。

今回は、17名の方がお越しくださいました。代表の改發さん・古谷・FP伊藤さんをあわせると過去最多の20名!途中、談話室は参加者でいっぱいで椅子が足りなくなりナースステーションから椅子を貸していただく程多くの方が集まりました。

参加者は現在入院中の方々・経過観察の外来に来た方々そのご家族・初参加の方々・J-TAG会員の方が集まり、様々な情報共有やワイワイと雑談などで時間があっという間に過ぎていきました。

写真の撮影者は会員専用メルマガでもおなじみの京極・出町FP相談のファイナンシャルプランナー(FP)伊藤さんです。今回もピアサポートお手伝いしていただきました。最近では伊藤さんに質問する方も増えJ-TAGには欠かせない存在です。いつもありがとうございます!

ご参加くださいました皆様ありがとうございました。

次回は2月22日に行います。初参加の方はもちろんですが、ピアサポートがどんな感じでで行っているか見学したいだけの方も大歓迎です。ぜひお立ち寄りください。お待ちしております。

次回のブログでは、ピアサポートに参加されたことのない方や興味をお持ちの方にピアサポートがどんな感じで行われているかをお伝えしようと思います。

 

コメントをどうぞ
2013年1月8日

≪お知らせ≫1月18日 第13回精巣腫瘍ピアサポートを開催します

挨拶が遅くなりましたが2013年もよろしくお願いいたします!

本年もピアサポート(京都府立医科大病院以外でも) リレー・フォー・ライフ 懇親会 勉強会などを計画し実行していく予定です!

昨年から開催しております精巣腫瘍ピアサポートを本年も毎月1回京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行っていきます。

第1回目の精巣腫瘍ピアサポートが始まったのが1年前の1月27日でした。初回の訪問者は2名だけでしたが、回を重ねる度に認知されるようになり訪問者が増えていき現在は平均8~9名ほどが参加されるようになっています。第5回から京極・出町FP相談のファイナンシャルプランナー(FP)伊藤さんもピアサポートに加わっていただき相談の幅が広がりました。

ピアサポートは患者だけでなく、患者家族や患者支援者の方も参加できます。予約はいりませんので、時間があればおこし下さい。もちろん会員・非会員問いませんし京都府立医科大病院以外でのサバイバーさんも大歓迎です。費用は無料です。

今年初の第13回精巣腫瘍ピアサポートの開催は1月18日金曜日に行います。当日は代表の改發とサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。またJ-TAGメルマガでおなじみの年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもご参加頂く予定です。初参加の方やご家族の方お待ちしております!

日時:1月18日(金)13時~17時 場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注)化学療法中の患者さんも参加されますので、風邪やインフルエンザなどの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

 

コメントをどうぞ
2012年12月24日

≪情報提供≫精巣腫瘍 がんの冊子

がん対策情報センターで発行しているがんの冊子があるのはご存じですか?

この冊子の各種がんシリーズの中に155.精巣腫瘍もあります

冊子は全国のがん診療連携拠点病院の相談支援センターで入手することや閲覧することができますし、ホームページからPDFで入手できます。

受診から診断、治療、経過観察の流れが、患者やそのご家族にとてもわかりやすいようにできています。治療の副作用のことや精子保存など書かれていますので、J-TAG動画と冊子で精巣腫瘍について、知っておいていただきたい情報として活用してください!

 

コメントをどうぞ
2012年12月9日

≪報告≫第12回ピアサポートが開催されました

12月7日に京都府立医科大学附属病院にて精巣腫瘍ピアサポートを行いました。

http://www.h.kpu-m.ac.jp/

今回は初参加も含め過去最多!16名の参加がありました。

ピアサポートを行っている談話室は、精巣腫瘍のサバイバーや家族で占領され絶えず満員御礼状態で4時間があっという間でした。今回は代表の改發さんが仕事で欠席でしたので、古谷とお手伝いいただいているファイナンシャルプランナーの伊藤さんとで行いましたが、2人ではなかなか対応しきれず大変でしたし代表に会いに来られた方もみえました。やはりJ-TAGの顔!代表の存在は大きいです。

今回のピアサポートは精巣腫瘍ピアサポートならではの特徴の一つが出ました。その特徴とは参加者自身がピアサポーターとなって、皆で話し合い考え寄り添うことができました。談話室に約10名ほど集まった時には、自然に3グループに分かれ話し合いが行われており談話室はすごくにぎやかでした。

途中に写真を撮りたかったのですが、参加者が多くとても撮影できませんでしたので、最後まで残った仲間とクリスマスツリーを挟んで記念撮影!

 

ご参加くださいました皆様ありがとうございました。

次回は来年1月18日に行います。

初参加の方々も大歓迎です。ぜひお立ち寄りください。

コメントをどうぞ
2012年12月2日

≪お知らせ≫J-TAGピアサポートの紹介

毎月、京都府立医科大病院で行っているピアサポートを紹介します

場所は毎回D7病棟にある談話室(画像)をお借りして行っています。

個室も用意しておりますのでご希望の方はお知らせください。

 

今回はJ-TAGピアサポートの特徴の一つでもあります

ファイナンシャルプランナー(FP)伊藤さんの紹介です。

http://money-2nd.com/

第5回ピアサポートから毎回参加してくださっています。

伊藤さんにはお金関連の質問・疑問・不安等を担当して頂いていますが

ピアサポートでは具体的にどんな質問ができるのか伊藤さんにお聞きしました。

・国民健康保険・健康保険(高額療養費・傷病手当金)・介護保険

・国民年金・厚生年金・障害年金・遺族年金・ねんきん定期便

・雇用保険(失業給付)

・企業保障(福利厚生)・企業年金(厚生年金基金・確定拠出年金)

・住宅ローン(新規購入・借り換え・繰り上げ返済・固定/変動金利)

・教育資金(子どもにかかるお金・学資保険)

・家計管理・家計簿チェック・支出をすっきり整理

・ライフプラン・ライフイベント・キャッシュフロー

・生命保険・医療(入院)保険・がん保険・所得補償保険

・保険の見直し・緊急予備資金

・自動車保険・火災保険・傷害保険

・保険商品と税金

 ・資産運用(株式・投資信託・外貨)・つみたて投資

・所得税・住民税・確定申告・年末調整・医療費控除

・相続・遺言・成年後見・相続税・贈与税

これらの簡単な質問であればその場で答えて頂けます。

もちろん費用はかかりません。

意外とシンプルに解決することも多いです。

 

より具体的な相談になりますと、ピアサポートを離れ

伊藤さんへ直接依頼されることをお勧めしたいです。

ただし、この段階となると相談内容によっては費用がかかってきます。

事前にきちんと説明してくださいますので、まずは気軽に問い合わせてみてくだ

さい。

 

伊藤さんの事務所は京都府立医科大学付属病院から徒歩6~7分です。

http://money-2nd.com/about/

お金のことを考えるきっかけになると思います

その伊藤さんも参加して頂く今年最後のピアサポートは12月7日金曜日開催です

ぜひご活用ください。予約不要です、お待ちしております!

コメントをどうぞ