2012年12月9日

≪報告≫第12回ピアサポートが開催されました

12月7日に京都府立医科大学附属病院にて精巣腫瘍ピアサポートを行いました。

http://www.h.kpu-m.ac.jp/

今回は初参加も含め過去最多!16名の参加がありました。

ピアサポートを行っている談話室は、精巣腫瘍のサバイバーや家族で占領され絶えず満員御礼状態で4時間があっという間でした。今回は代表の改發さんが仕事で欠席でしたので、古谷とお手伝いいただいているファイナンシャルプランナーの伊藤さんとで行いましたが、2人ではなかなか対応しきれず大変でしたし代表に会いに来られた方もみえました。やはりJ-TAGの顔!代表の存在は大きいです。

今回のピアサポートは精巣腫瘍ピアサポートならではの特徴の一つが出ました。その特徴とは参加者自身がピアサポーターとなって、皆で話し合い考え寄り添うことができました。談話室に約10名ほど集まった時には、自然に3グループに分かれ話し合いが行われており談話室はすごくにぎやかでした。

途中に写真を撮りたかったのですが、参加者が多くとても撮影できませんでしたので、最後まで残った仲間とクリスマスツリーを挟んで記念撮影!

 

ご参加くださいました皆様ありがとうございました。

次回は来年1月18日に行います。

初参加の方々も大歓迎です。ぜひお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です