2013年9月17日

≪報告≫第21回精巣腫瘍ピアサポートが開催されました

9月13日精巣腫瘍ピアサポートを行いました。

今回の参加者数はピアサポーター含め15名でした。

ピアサポートの開催は、J-TAGホームページで精巣腫瘍の解説をしていただいてます中村先生の外来日と重ねて行っています。そのため外来に来た精巣腫瘍サバイバーの多くが診察の待ち時間に参加してくれています。同じ時期に治療をしてきた仲間同士がピアサポートで顔を合わせる。そして現状や今回のCT・採血の結果を報告しあって一喜一憂しあう。現在治療中の仲間達には、初対面でも自分の経験を活かしてもらおうとアドバイスを送る。これは今回だけではなく毎回このようなピアサポートが出来ております。

今回は個別相談もあり、精巣腫瘍患者だけではなく、そのご家族とも多く話ができました。話の中で遠方から通っていることをお聞きしました。そのため以前お伝えした『京都ファミリーハウス』のことをお話しさせていただきました。全国から精巣腫瘍患者が集まるだけにサポートされる家族の交通費や宿泊費の負担は大変です。ここは生活道具や家電などがそろっていますので料理や洗濯などできます。ぜひ利用していただきたいです。

今回も年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにも参加していただきました。 傷病手当金の受給要件・高額療養費として支給されるタイミングと多数該当について ・今後の生命保険の加入について ・がん保険の種類についてなどの質問に対応していただきました。

最後に記念撮影

次回は10月11日・11月15日に開催します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です