2014年1月20日

《報告》25回精巣腫瘍ピアサポートが開催されました

1月17日今年最初の精巣腫瘍ピアサポートが開催されました。

今回は14名の参加がありました。外来で来られた方は少なく、入院患者中心でピアサポートが進みました。後腹膜リンパ節廓清後の腸閉塞の話題が多かったです。ピアサポートに参加者した方も腸閉塞経験者が多く、自分の体験を話しながら皆さんで情報交換ができました。

ピアサポートの為にお越しくださった方もおられました。参加者の様々な話を聞いていただけたと思います。また何かあれば、毎月同じ場所で開催しておりますのでお越しください。

今回も年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにも参加していただきました。ありがとうございます。  ・確定申告と医療費控除 ・寛解後における民間の保険商品の見直し、などの質問に対応していただきました。他に個別相談もしていただきました。今までの質問内容は細かく書けません。ですが質問が多く寄せられたものをまとめて患者会のメールマガジンで発信していただいています。ぜひJ-TAGの会員登録をお願いします。

こちらへのリンクをお願いします → http://j-tag.jp/member

最後に残ったメンバーで記念撮影

次回の開催は2月14日、3月は3月14日の開催です。時間は13時から17時ですので、いつでもご都合のよい時間にご参加ください。

2件のコメント

  1. 長男が後腹膜リンパ節隔清後、初めて参加させていただきました。術後の合併症や保険の話など興味深かったようです。今後も折を見て私も参加させていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします。京都府立医科大学病院では、中村先生はじめスタッフの皆様には大変お世話になりました。稲毛さん、お元気ですか?

  2. 大箭様
    このたびはコメント頂き、ありがとうございます。
    息子様と一緒に写真を撮らせて頂き、生きる喜びを分かち合いました。これからも共に生きていきたいと思います。またピアサポートにご参加ください。心よりお待ち申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です