2014年2月17日

《報告》26回精巣腫瘍ピアサポートが開催されました

精巣腫瘍ピアサポートが2月14日に開催されました。

今回は初参加の方も含め14名の参加がありました。今回は外来に経過観察で来られた方が多く参加してくださいました。同じ時期に治療していた仲間たちが多く、同窓会のような雰囲気でした。今日のCTや採血の結果を「どうだった?」「OKだった」とみんなで不安や喜びなどの様々な気持ちを共有し合っていました。やはり、結果を聞く時は治療後どれだけ時間がたっても緊張しますね。

外来で結果を聞く前にピアサポートに来て不安を話す方、外来が終わった後に報告に来てくれる方など様々ですが、話をして少しでも不安が軽くなったり、結果が良くて話を聞いてもらいたい方など、いつでもお話を聞きますのでピアサポートを利用してください。

年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもお手伝いいただきました。お金にまつわる相談には伊藤さんに対応していただいております。お金の相談は、ピアサポーターの経験だけでは対応できないことが多く、大変助かっております。今回もいくつか質問に答えていただきました。

・がんになっても加入できるがん保険や生命保険はありますか。

・大学(や大学院)へ進学する際に授業料を補ってくれるような仕組みを知っていませんか。

などの質問に対応していただきました。ありがとうございます。お金のこと以外でもピアサポートには欠かせない存在です。

これまで伊藤さんに答えていただいたお金に関する質問のいくつかについては、ブログに転載してこちらのサイトでまとめておられます。ぜひご覧いただきたいです。

がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

最後に残ったメンバーで撮影しました。

 

次回の開催は3月14日、4月は4月11日の開催です。時間は13時から17時ですので、いつでもご都合のよい時間にご参加ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です