2014年6月24日

《報告》精巣腫瘍ピアサポートが開催されました

6月13日、30回目の精巣腫瘍ピアサポートを行いました。

今回の参加者は11名でした。精巣腫瘍ピアサポートに参加する為だけに愛知や大阪から来ていただいた方もおられました。

京都府立医科大学附属病院で治療している精巣腫瘍サバイバーは九州や北海道まで全国から患者が集まります。その為自宅から遠く離れサポートする家族の宿泊費負担も大きくなってしまいますよね。ここで以前にも紹介させていただいた 京都ファミリーハウスをもう一度紹介させていただきます。

宿泊場所から病院まで徒歩20分圏内1Kで大人一日約1,500円、別途シーツクリーニング代840円が必要です。しかも自転車の無料レンタルもあります。食材以外の生活道具はほぼ揃っています。少しでも家計の負担を減らす為に活用していただきたいです。

今回も初参加の方が参加されました。いつものように自分の体験をお話ししていただき、みんなで情報共有ができました。初参加の方のお話は我々ピアサポーターにとっても知らないことも多く後のピアサポートに役立たせていただいてます。

年金・保険等金融アドバイザーとしてファイナンシャルプランナーの伊藤さん(京極・出町FP相談)にもお手伝いいただきいくつかの質問に答えていただきました。

同じ質問を複数の方々がされていました。
がんになっても入れる「がん保険」ってありますか?
がんの治療中や寛解・経過観察中でも、生命保険は見直せますか?
この質問は多くの方が気になっているようでよく質問されています。
このような質問には、過去に伊藤さんが まとめられていますのでこちらも参考にしてください。
がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

ワールドカップが始まり熱い戦いが続いていますね。病棟の談話室はワールドカップ仕様になっていました。これは入院患者さんの手作りです。

ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。31回目になります次回は7月11日、8月は8月8日の開催です。時間は13時から17時ですのいつでもご都合のよい時間にご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です