2017年5月8日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

5月12日(金)に行います第64回精巣腫瘍ピアサポート京都のお知らせです。
いつも多くの方に参加していただいております。ありがとうございます。
今後も原則として精巣腫瘍ピアサポート京都は第二金曜日に行っていきますので
よろしくお願いいたします。

furituidai

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。

年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんも参加予定です。どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。
話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。

場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:5月12日(金)13時~17時頃
場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料
予約:不要
なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、
個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

1件のコメント

  1. 初めまして。5月9日付け産経新聞に貴患者会の記事が掲載されており、主人と同じ病気の方々の患者会があることを知り、早速メールさせて頂く次第です。主人は、4年前に脳出血で入院した際に精巣腫瘍を指摘され、脳出血が治まるのを待ち、摘出手術を受け現在再発もなく経過しております。脳出血の後遺症で右半麻痺と高次脳機能障害があります。本人の出席は中々困難ですが、家族として、同じ病で治療療養されている方々や家族の方々と何かしら共有させて頂けることがあればと思います。和歌山市に在住していますので、関西で開催される会で私もが参加させて頂ければ、と思います。ただ私も就労していますので。土日、祭日の開催ですと尚ありがたいです。これを機会に是非交流の和に参加させて頂きたいと思っております。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です