2018年12月7日

《報告》精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました。

12月7日、第44回精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました。

闘病中やその後に、精巣腫瘍のことを自ら周囲の人に話す機会は、あまりないかと思います。話したくないと思う方もいるでしょう。

精巣腫瘍は罹患年齢が20~30歳代に多く、10万人に1人程度という希少がんの類であるうえ、認知度も低いがんです。

もし話したくなったら、遠慮なくピアサポートにお立ち寄りください。ちょっと覗くだけでも構いません。これからも、皆様のお越しをお待ちしております。

今年もたくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

来たる2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。

次回、1月は第2週の水曜日、9日に開催予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です