2015年6月28日

《お知らせ》筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポート筑波を開催します

tsukuba

筑波大学附属病院で行われる第6回精巣腫瘍ピアサポート筑波のお知らせです。

▲場所:筑波大学附属病院 外来棟1階 A102外来
▲日時:7月3日(金曜日)
▲時間:13時~16時
▲対象者:精巣腫瘍患者・家族(院外患者受け入れ可能)
▲参加費:無料

連絡先:J-TAGホームページ
または
筑波大学病院 腎泌尿器科外来
筑波大学病院 総合がん診療センター内 がん相談支援センター

当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。

どなたでも無料で参加できます。
予約は不要です。都合の良い時間帯にお越しください。
相談がない方でも気楽に見学しにお越しください。
J-TAG会員以外の方でも参加可能です。
(精巣腫瘍ピアサポートですが、性腺以外の原発「性腺外胚細胞など」の方でもお越しください)

コメントをどうぞ
2015年6月18日

《お知らせ》リレー・フォー・ライフ2015尾張に参加いたします

リレー・フォー・ライフ2015尾張に参加いたします。

リレー・フォー・ライフとはこちら

チーム参加ではありませんが、京都と筑波で行っている精巣腫瘍ピアサポートのピアサポーターである古谷がJ-TAGフラッグを持って参加いたします。

昨年参加したRFL2014京都の様子
改發さんと古谷

1リレー

RFL2014岐阜の様子
古谷
当日もこのスタイルで周回する予定です

2リレー

当日は、精巣腫瘍患者が古谷の他3名が集まる予定です。

27日の開始時から23時ごろまで会場にいる予定です。
注)常時周回していません。周回していないときは会場のどこかにいます。

京都や筑波が遠く、今までピアサポートに参加できなかった方お話ししませんか?
お会いできること楽しみにしております。

◆開催日時:平成27年6月27日13時~6月28日11時
◆開催会場:いちい信金スポーツセンタ
 (旧)一宮総合運動場
◆〒491-0804 愛知県一宮市千秋町佐野字向農756
会場アクセスはこちら

2件のフィードバック
2015年6月15日

《報告》精巣腫瘍ピアサポート京都が開催されました

6月12日に行われた第41回精巣腫瘍ピアサポート京都の報告です。

今回は初参加の方3名を含め13名の参加がありました。
現在治療中の方、後腹膜リンパ節廓清を終え退院間近の方、検査の為に入院されてる方、経過観察で外来に来られた方など様々な立場の方が参加されていました。グループでピアサポートを行っていますので、治療に関する情報・不安・疑問など様々な立場の視点から話し合えることが出来るのが精巣腫瘍ピアサポートの特徴です。

筑波で行われているピアサポートに毎回参加されている方が、関東から京都まで来てくれました。参加者みんなで話し合うスタイルは京都も筑波も同じですが、雑談も多く雰囲気が全く違い驚かれたと思います。患者さんやそのご家族の為にという芯がぶれていなければ、いろんなスタイルがあっていいと思います。筑波のスタイルを一緒に作っていきましょう。

今回も年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもお手伝いいただきました。いつもありがとうございます。
今回は次の話題・質問が出ていたようです
・医療保険の入院日数限度とがん保険の入院日数無制限の考え方
・治療が落ち着けば保険商品の見直しは可能か。
・がんになっても住宅ローンを組めるのか。

伊藤さんにはお金に関する質問だけを対応していただいてるわけではありません。参加回数も36回を数え、これまで様々な患者やその家族と接してこられています。ピアサポーターと同様に患者と一緒に喜び・落ち込み・悲しんだりされています。とても大変なことだと思いますが、今後も一緒に患者やその家族に寄り添いあっていければと思います。

最後に残った仲間で記念撮影
007

 

ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。
次回、京都の開催は7月10日です。
たくさんのご参加お待ちしております。

 

コメントをどうぞ
2015年6月10日

《報告》精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました

6月5日、第5回精巣腫瘍ピアサポート筑波を開催しました。

今回は初参加の方2名を含め7名の参加がありました。
精巣腫瘍ピアサポート筑波は13時から16時までの3時間行っております。毎回のことなのですが、3時間の間、話が途切れることがなく、あっという間に時間が過ぎていき時間が足りないぐらいです。
治療に関する話ではネットや本には載っていない様々な副作用の問題。そして治療後の社会復帰に関する問題、時には雑談など様々なことが話し合われました。

077081

参加者の皆さんのほとんどは、最初はピアサポートは何をやるところかかわからず参加されます。同じ病気だからこそ、悩みや疑問に思っていることなどが似ており、打ち解けるには時間がかからず本音で話してくださるようになります。その問題を参加者みんなで話し合うスタイルでピアサポートを行っています。
精巣腫瘍ピアサポートは一人ではできません。参加されるみなさんの経験が役に立ちます。治療を終えた方、現在治療している方、ご家族の方みなさんの経験が必要です。ぜひピアサポートに参加してほしいです。
筑波は毎月第一金曜日に行っております。
次回は7月3日に行います。たくさんのご参加お待ちしております。

コメントをどうぞ
2015年6月4日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

6月12日(金)に行います第41回精巣腫瘍ピアサポート京都のお知らせです。

furituidai

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。
またJ-TAGメルマガでおなじみの年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもご参加頂く予定です。
化学療法による手の痺れがある患者さんに好評の中司さんによるハンドマッサージもしていただく予定です。

どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。
話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。

場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:6月12(金)13時~17時頃
場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料
予約:不要
なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、
個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

2件のフィードバック