2015年3月9日

《お知らせ》精巣腫瘍ピアサポート京都を開催します

3月13日(金)に行います第38回精巣腫瘍ピアサポートのお知らせです。

場所は京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室をお借りして行います。当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。
またJ-TAGメルマガでおなじみの年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもご参加頂く予定です。

どなたでも参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。
場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

日時:3月13日(金)13時~17時頃 場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室 無料  なお、個別相談時はカンファレンスルームを利用いたしますので、個別相談希望の方は当日お知らせください。

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪などの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

コメントをどうぞ
2015年3月9日

《報告》精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました

第二回精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました。

今回の参加は7名ありました。

044

この精巣腫瘍ピアサポート筑波は、筑波大学附属病院で治療されている方はもちろんですが、病院外で治療している方にも来ていただけるようになっております。
今回は筑波大学病院以外で治療中の方にもきていただきました。
いつものように詳しくは書けませんが、病院によって経過観察の間隔が違うことや病棟内の患者同士の交流についてなどさまざまな話が出ました。
ピアサポートの重要性を改めて認識できるピアサポートでした。

初めてピアサポートに来ることは凄く勇気のいることだと思います。
参加していただいた方ありがとうございました。
参加していただいたみなさんの話が、ピアサポーターにとって新たな発見につながりとても勉強になります。しかもサポートしてる方が逆にサポートされることも多いです。
ぜひお話しをしに来ていただきたいです。

次回の開催は4月3日です。たくさんのご参加お待ちしております。

1件のフィードバック
2015年2月24日

《お知らせ》筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポートを開催します

筑波大学附属病院で行われる、第2回精巣腫瘍ピアサポートのお知らせです。

▲場所:筑波大学附属病院 外来棟1階 A102外来
▲日時:3月6日(金曜日)
▲時間:13時~16時
▲対象者:精巣腫瘍患者・家族(院外患者受け入れ可能)
▲参加費:無料

連絡先:J-TAGホームページ
筑波大学病院 腎泌尿器科外来
筑波大学病院 総合がん診療センター内 がん相談支援センター

当日はサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。

どなたでも無料で参加できます。
患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。
(精巣腫瘍ピアサポートですが、性腺以外の原発「性腺外胚細胞など」の方でもお越しください)

コメントをどうぞ
2015年2月10日

《重要なお知らせ》2月13日予定のピアサポートを中止します

2月13日の精巣腫瘍ピアサポートは中止します。

インフルエンザ・ノロウイルスが全国的に猛威を振るっています。
ピアサポートは病院で行っているため感染源にもなりますし逆に感染する可能性もあります。
化学療法中で抵抗力のない患者には命取りになる場合もあります。

今後もピアサポートを病院で継続して行っていきたいためご理解をお願いします。

ただし、どうしても相談をされたい方(FP伊藤さんへの質問も含め)
2月12日木曜日21時までに
J-TAGホームページお問い合わせ
にメールをしてください。
連絡があれば2月13日の13時~14時30分まででしたら対応いたします。
場所はこちらから連絡させていただきます。
連絡がない場合はそのまま中止させていただきます。

よろしく願いいたします

コメントをどうぞ
2015年2月9日

《報告》筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポートを行いました

関東初の精巣腫瘍ピアサポートが2月6日、筑波大学附属病院で行われました。

10685417_768003683283942_3683922293566092067_n

記念すべき第一回目の参加者は代表の改發さん副代表の鈴木さんを合わせ9名でした。
精巣腫瘍ピアサポートは、現在治療のために入院をしている方やそのご家族のサポートをメインと考え院外ではなく病院の中で行っています。今回は残念ながらタイミングが合わず入院されている方は来られませんでした。しかし、ピアサポートのために山形や埼玉から来られ様々な情報共有ができました。13時から16時までの3時間ですが話は尽きることがなく、あっという間の3時間でした。話の内容をここに書けないのが残念ですがとてもよい時間でした。

ピアサポートの途中、筑波大学附属病院で精巣腫瘍ピアサポートを開催するにあたり絶大なるお力添えを頂いた河合先生が顔を出していただきました。お心遣いありがとうございました。

途中で記念撮影
撮影者は精巣腫瘍サバイバーの野田さんです。
とてもすごいカメラで撮っていただきました。ありがとうございます。

001

002

010

次回の開催は3月6日です。たくさんの参加お待ちしております。

 

コメントをどうぞ