2014年9月27日

《報告》精巣腫瘍ピアサポートが開催されました

第33回精巣腫瘍ピアサポートを行いました。

参加者数は入院患者やそのご家族中心の13名でした。
今回は国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センターの野澤センター長が今後に行う男性のがんに対する問題の調査の為にピアサポートに参加されました。

野澤センター長には調査のお礼と言うことで持参していただいたウィッグをピアサポート参加者に試していただきました。野澤センター長は、ただウイッグを試すのではなくウィッグの付け方やメイクの仕方まで教えていただきました。

その時の写真です

067

 

 

主観的な考えですが、男性でもウィッグを付けると表情が明るくなるのを感じました。このことが今後、アピアランス支援センターに調査でわかるようになり、少しでも長い治療を前向きになる一つのものとなるようにJ-TAGも協力していきます。

年金・保険等金融アドバイザーとしてファイナンシャルプランナーの伊藤さん(京極・出町FP相談)にもお手伝いいただきました。下記の質問に対し調べていただき回答くださいましたのでブログでお伝えします。

【質問】転院したのですが、高額療養費の多数該当は転院先でも引き継がれますでしょうか。
【回答】自動的には引き継がれませんが、ご自身で申請することで多数該当との差額を後日返金してもらえます。
高額療養費および多数該当の詳細については、協会けんぽのwebサイトをご参照ください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030

解説します。最初に治療を受けた病院で4ヶ月以上が経過し、すでに多数該当が適用されている状況で転院した場合、転院先の病院では以前の病院での負担額等は把握できませんので、改めて高額療養費を最初から適用するものとして医療費が請求されます。
下がっていた負担額が3ヶ月間は上がることになりますが、健康保険の窓口で後日申請することで一旦負担した高額療養費分と多数該当分の差額は返金されます。
これはご自身やご家族が申請することで返ってくるお金ですので、該当月の領収書が手元に揃った段階で、できるだけ早めに手続きを済まされることをお勧めします。資金に余裕があれば手間を考え、3ヶ月分をまとめて請求してもよいかと思います。
なお、転院先は他府県でも問題なく今回の内容に該当しますので、まずはご自身の保険証に記載されている「保険者名称」の窓口へ問い合わせてみてください。

談話室が早くもハロウィン使用になっておりました。

077

 

ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。次回は10月10日、11月は11月14日の開催です。時間は13時から17時ですのいつでもご都合のよい時間にご参加ください。

 

コメントをどうぞ
2014年9月8日

三木先生の精巣腫瘍に関する記事が掲載されています!

9/4発売の週刊文春9/11号125ページに、京都府立医科大学付属病院、三木先生の精巣腫瘍に関する記事が掲載されています!
是非ご覧下さい!

 

 

 

コメントをどうぞ
2014年8月12日

AKIBA Cancer Forum 2014に出展しました!

2014年8月9日、秋葉原UDXにて、NPO法人キャンサーネットジャパン主催のキャンサーフォーラムに、J-TAGはブースを出展しました。当日は患者会の案内や活動報告のみならず、いつもピアサポートでお世話になっている、京極出町FPの伊藤先生にお越しいただき、全ガンを対象に、お金にまつわる相談をお願いしました。

写真: 中村先生も到着です‼<br />
一日頑張ります‼

昼12時からは、京都府立医科大学付属病院の中村先生による、精巣腫瘍の治療等の講演がありました。後半では参加者からの個別相談にも積極的にお答えいただき、60分のセッションが終了。

写真: 精巣腫瘍の講義始まりました‼<br />
中村先生張り切ってどうぞ‼

23名のご参加をいただきました。

その後、ブースでは、講演を聴き終えた参加者の皆さんが、相談や近況報告、懇親を目的に遊びにいらしてくださいました。

写真: 精巣腫瘍患者友の会ブースで、500円以上のご寄付を頂きますと、オリジナルストラップをプレゼントしております‼<br />
ありがとうございます!

写真: 精巣腫瘍患者友の会のブースに、マサヨシ登場。

写真: 患者会の佐藤君と‼

写真: 田口ご夫妻もお越し頂きました‼︎<br />
オリジナルストラップ製作ちう。

このたび、募金活動も行いました。500円以上募金頂いた方々には、オリジナルストラップを製作して持ち帰っていただきました。

そして、ご寄付は14,619円にも及びました!ご寄付いただきました皆様には、厚く御礼申し上げます(尚、10%をキャンサーネットジャパンに運営協力金として支払いました)。

この他、キャンサーフォーラムに参加された講師の先生方とご挨拶もさせて頂き、東京方面での定期ピアサポートのお願い、男性がんや働き世代のがんならではの悩みや問題等各種データ収集の企画他、罹患率が精巣腫瘍と同じくらいのレア癌であるメラノーマ患者会さんとのご挨拶等、非常に有意義な一日となりました。

写真: 罹患率が同じぐらいの希少がんであるメラノーマ患者会の徳永さんを、柳澤さんにご紹介頂きました。<br />
今日は本当に多くの出会いを頂きました‼︎<br />
感謝‼︎

この繋がりを活かし、さらに活動を前進させたいと思います。

 

コメントをどうぞ
2014年8月4日

東洋経済7/26(7/22発刊)号にピアサポート等が掲載されました!

先月のピアサポートの際、東洋経済さんから、働き世代のガンの家計事情を取材されました。
7/22発刊の52頁に、ピアサポートしている写真と、患者さんの事例、代表の改發の事例が掲載されました。


住宅ローン、養育費の上にのしかかる治療費。癌=死をイメージする社会。
レア癌ということも重なり、お金の面も含め、孤立無援な状態に陥ります。
私たち患者会は、働き世代の癌である精巣腫瘍の治療促進、寛解率向上とともに、就労支援も含め、これからも活動を進めて参ります。

http://j-tag.jp/2014-07-14/1215.html

 

 

コメントをどうぞ
2014年8月4日

《お知らせ》第32回精巣腫瘍ピアサポートを開催します

第32回精巣腫瘍ピアサポートを開催します

◆日時:8月8日(金)13時~17時頃
◆場所:京都府立医科大学附属病院内 D7病棟(北病棟7階)談話室。
個別相談時はカンファレンスルームを利用いたします。
◆参加費:無料

当日は代表の改發とサバイバーの古谷がファシリテーターとして参加予定です。またJ-TAGメルマガでおなじみの年金・保険等金融アドバイザーの京極・出町FP相談の伊藤さんにもご参加頂く予定です。

どなたでも無料で参加できます。患者・患者家族・患者支援者・J-TAG会員以外など、どうぞお越しください。(精巣腫瘍ピアサポートですが、性腺以外の原発「性腺外胚細胞など」の方でもお越しください)

初参加の方大歓迎です!見学したい方・みんなの話を聞きたいだけの方でも大丈夫です。話をしてみたいなと思ったら輪に入ってください。場所が分かりづらい初めてで入りづらいなどの方々は、病院1階のがん相談支援窓口に行き相談員の方に声を掛けてください。相談員の方がピアサポートの場まで同行していただけますので初参加の方でも入りやすいのではないかと思います。(相談員が他の相談対応中の場合はピアサポーターに連絡が入りピアサポーターが相談支援室まで行きピアサポートの場まで同行します)

(注) ピアサポートは泌尿器科病棟の談話室をお借りして行っています。そのため精巣腫瘍以外の患者さんも利用しますし、化学療法中の患者さんも参加されます。そのため風邪・インフルエンザなどの感染症の疑いがある方などは感染防止のためカンファレンスルームにて行いますので当日お知らせください。

コメントをどうぞ